基本講座
中級講座「マヤの預言」


3日間での総合講座。一日ごとに、開講します。

初級講座で「マヤの叡智」を身につけた方に、マヤの預言の真の意味を正確に伝授します。進化のためのナビゲーションを行います。また、2013年以降の生き方、社会、科学、を考察し、新しい科学精神を知るためのナビゲートをします。

講座費   一日目  4時間 2万円
      一日目受講者に、2日目、3日目の内容のご案内をします。
      二日目  3時間 1万3000円
      三日目  3時間 1万3000円  
3日間の総合講座として申し込むと、4万円


13人以上が、基準。

テキスト  「マヤン・ファクター 新版」



サブ・テキスト
テレクトノン 

内容  預言とは何か?
宗教家、預言者が伝えられていない、預言の意味を伝えます。

「預言は時間のリアクション」とはどういうことなのかを伝え、マヤの預言について、ホゼ・アグエイアス博士が人生をかけて伝えたことを、話します。 
「バイオスフィア」生物圏から、「ヌースフィア」精神圏への移行。

多くの人が間違って、2012年はマヤ暦の終わりだとか、この世の終わりだと信じて
います。そして、それが早まったとか、、、、、しかし、時間が周期であることについて理解できれば、すべての終わりの後には新しい始まりが続くのです。それが理解された瞬間、私たち人類は、今は想像もつかないような進化の領域へといっせいに投げいれられます。

2012年12月21日の高次元時間としての、マヤの預言の意味と、
   巷の解釈のずれ。そのずれが生まれる理由も知ることになります。

マヤの預言が、伝えているのは、まさしく、この文明の間違いです。
そして、銀河系のマヤは、2012年に向けて、高次元の時間の知識の体系を学び、
それを応用して、「新しい太陽の時代」の夜明けを迎えるために、
私たちの心と意識を研ぎ澄ますことを、完全に意図的に仕向けていることを知ります。