【2014 東京】時間をはずした日の祭り 代々木公園

『時間をはずした日の祭り』
2014.7.25(Fri)
10:00~16:00
@代々木公園
参加費無料

”時間からの解放を体験する日”を過ごしてみませんか?

祭りのテーマは、
「表現×平和」

一年に一度、造られた時間という概念をはずして、時間から解放された日を過ごしてみませんか?
そして、アートで平和をお祝いしてみませんか?

表現方法は自由!

作品は撮影してFacebookやTwitterなどのSNSにシェアします

どなたも気軽にご参加ください♪♪
日常から一歩、非日常に踏み出す絶好の機会です!

ぜひ一緒に一年に一度の感動を味わいましょう♪♪

『時間をはずした日の祭り』
2014.7.25(Fri)
10:00~16:00
@代々木公園
参加費無料

Facebookページ
https://www.facebook.com/events/749210168476656/

【時間をはずした日(The day out of time) 】

13の月の暦における1年の365日めにあたる特定の月や日付、曜日の対応しない特別な1日のこと。
現行の暦グレゴリオ暦での7月25日。

時間をはずした日、13の月の暦の詳しい説明はこちら
http://369hiroe13moon.blogzine.jp/officehana/2011/07/725_ce85.html
http://www.lawoftime.org/jp/thirteenmoon/doot.html

【時間からの解放を体験する】

時間をはずした日は、
『タイム・イズ・アート』を祝う日です。
芸術は平和を作りだすものですから、この日はまた、「文化を通した国際平和の日」を祝う日でもあります。
タイム・イズ・アートを祝うことで、文化を通した平和を促進させることができるのです。

「平和があるところには、文化がある。文化があるところには、平和がある」の言葉通りです。

タイム・イズ・アートを祝うところにはどこでも、タイム・イズ・アートを経験するという目的があり、文化を通した平和という建設的な価値を促進する目的があります。
これはもちろん、人の数が多ければ、それに応じた様々な芸術表現があるということです。
この日は、文化を通した平和ですから、普遍的な許しの儀式を行う日でもあります。
浄化された、慈愛に満ちた基盤で新しい年を始めるのです。
新年が始まる前に、すべての人を愛し、許すことで新年の決意をします。
人に調和のとれた尺度を与えよ。そうすれば、調和のとれた人が、調和のとれた(1マイルの)道を歩くであろう。
調和、それが時間をはずした日のすべてなのです。

参考URL
http://369hiroe13moon.blogzine.jp/officehana/2011/07/725_ce85.html
http://www.lawoftime.org/jp/thirteenmoon/doot.html