【京都亀岡 2014】和良久 The Day out of Time Festival -WALAKU

waraku_20090820_1322

2014年の時間をはずした日の祭りは、18:30から亀岡ウリズン山荘で行います。

 

和良久 ~ 時間をはずした日の祭り
The Day out of Time Festival -WALAKU

武道を練ることを、練習と言わず「稽古」と言います。

稽古とは「いにしえ」を考えることです。

私たちの想う「いにしえ」とは、心と体がもっとも純粋であった時代を指します。

それはどんな時代かと問われれば、神代という以外に表現が見つかりません。

その有様は、古事記に観る妙なる世界そのものです。

妙なるものにして、純粋無垢な神代の世界に心を寄せること。

言葉を変えれば「己を省みる」ことに尽きると想います。

私は、これが稽古だと信じています。

To develop budo (martial arts) is called “稽古keiko”, not “練習renshu” unlike  other sports.
Keiko is to think about the antiquity.
By antiquity I mean the times when our body and mind were purer.
And if you ask when those times were, I answer it can only be the times called “神代kamiyo” (gods’ ages).
Kamiyo is the exquisite world of *Kojiki itself. (*Kojiki is said to be the oldest historic record in Japan.)
And I believe keiko is to tune into this exquisite and pure world of kamiyo, in other words, to reflect on oneself.

稽古は心と体を神代につなぐための「祭りごと」です。

祭りごとは「まったく釣り合わせること」という意味で、神と人とが完全に一体となる状態を言います。

そして、祭りごとは深い祈りの場です。

「われ神とともにあり」

そう宣言し、神と一つになることで森羅万象とも一つになります。

縦とつながれば、横ともつながります。

祈ることで、私たちは一つの意識の中に同化されます。

心の時を合わせ、思いを天に向けることによって、私たちは白くなり、やがて透明になります。

私は、そこが神代ではないかと思います。

7月25日

この日、私たちは気持ちを新たにして稽古に臨み、世界中の志を同じくする人たちとともに神代を見たいと思います。

前田比良聖

Keiko is a “matsurigoto”, an act of worship or praying, to connect our body and mind to kamiyo.
“Matsurigoto” is to “mattaku tsuriawaseru”, to completely balance.  It means the state of man and god being completely one.
“Matsurigoto” is a field of deep prayer.
“I am one with god.”
By voicing this we become one with god and one with the universe.
And when you make the connection vertically, you also make it horizontally.
By praying we are assimilated into one consciousness.
When we tune our mental time and turn our thoughts to heaven we become white and eventually transparent.
I believe that is Kamiyo.

July 25,
I’d like to refresh myself on this day and concentrate on keiko so that I can see kamiyo with all the people with the same aspiration.

Hiramasa Maeda
The founder of Budo Walaku

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

NPO 武道和良久 設立趣旨

古事記には、神様は矛(ホコ)をもってこの世界を創造されたと記述されています。

つまり武の発祥は破壊からではなく、「国造り」「人造り」といった創造の技から生まれたものなのです。

人と人とを戦わせて勝敗を決し、それによって心身の向上を図るといった優勝劣敗、弱肉強食的なやり方は、和を尊重する大和の道にはそぐわないものではないかと存じます。

これは何も武道だけに限らず、現代社会そのものの風潮でもありましょう。

いつまでも「戦って勝つ」ということを鍛練の目的としている以上、和合の世界の到来など到底望むべくもありません。

それはいまだに中世の頃の殺伐とした武士道精神を起点とし、戦国時代の頃の殺人の術や精神論を現代に活かそうとしているところに原因のひとつがあるのではないかと思います。

文明の極みに達せようかと思われる今日においても、まだ国と国の取り合いが行われ、利権を求めて人と人が争い合う悲劇が繰り返されています。そして、それとともに、多くの立場の弱い人たち、力の無い人たちが飢餓に苦しみ、病に倒れ、争いの犠牲になっている現実はまさに生き地獄です。

必要以上に心を勇み立たせて、いかにして相手を倒すということではなく、心穏やかにして、いかにして相手を活かすのかを学ぶことこそが、いま最も世界に求められていることなのではないでしょうか?

私たちは、これ以上戦ってはならないと思います。
私たちは、これ以上人を傷つけてはならないと思います。

「人を傷つけず、人に傷つけられず、人もよく、吾もよし」

この言葉を肝におさめ、いまこそ我よしの心を捨て、心の時計を、戦のなかった時代にまでタイムスリップし、初春の日差しの差し込むような、そんな心地よさの漂う「神代」にまで遡り、さらに宇宙創造の根源なる力を、自分の身体を通して探求しましょう。

私たちは、平和をもたらす言霊75声のはたらきを通して、全世界の破壊的武力を撤廃させ、愛と善に満ちた人類和合の世界実現に向けて邁進していく所存です。

武道和良久 http://www.walaku.com/

 

The spirit of NPO Budo Walaku

It is written in Kojiki that the god created this world with a pike.

That means 武bu (military arts) originated not from destruction but from the art of creation like the creation of nations or human resources creation.

I believe having men fight with each other and decide victory or defeat thus training to develop the body and mind through fighting, does not fit in the way of Yamato (Japan). The survival of the fittest or the law of the jungle is not the way of Yamato which respects wa (harmony).

This is not only budo but it is the tendency of modern society itself.

As long as we uphold “fight and win” as the goal of training we cannot expect the world of harmony to arrive.

One of the causes for this, I believe, is that we put the starting point on Bushido (the code of the samurai) in the medieval period and applying the art of killing and its idealism of the warring times to the present day Japan.

Even today when we are approaching the pinnacle of civilization we repeat the tragedy of a nation fighting with nation and men fighting with men for rights and concessions, thus making the powerless and the weak war victims suffering for hunger and sickness.  This is nothing but a real hell on this earth.

What is needed now in today’s world is not to inspire fighting spirit beyond necessity and defeat the opponent and win but to calm our minds and learn to make the best use of human resources.

We should fight no more

We should hurt no more.

Live and let live; let us be good for both you and me.

Let’s keep this in mind and let go of our egotistic mind.

Let’s turn the clock back to the warless times and go back to blissful kamiyo, and make it shine like the light of spring.

Let’s explore the primordial power of creation of the universe through our body.

We are determined to ban all destructive military powers in this world and work toward the realization of the harmonious and loving unification of human race through our body.

Budo Walaku  http://www.walaku.com/